注目の投稿

【先頭固定】誰でもできる超カンタン投資術(2024.1)

本稿は、当ブログ(「 たわら男爵のインデックスファンド投資術 」)及び旧ブログ(「 40代でアーリーリタイアしたおっさんがたわら先進国株でベンツを買うブログ 」)の集大成として、何らの知識がなくても実践できる資産形成の具体的なやり方をお伝えするものです(この記事の後で カテゴリ ...

2023年9月11日月曜日

eMAXIS Slimシリーズ、全投信の5.4%に達する

日経速報ニュース(2023/09/11 12:00)によれば、2023年8月末時点の投信残高が過去最高を記録したそうです。







※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●今のところ無風の投信コスト競争
https://tawaradanshaku.blogspot.com/2023/09/blog-post_11.html



楽天市場のおせちは、商品ページにキャンペーンの案内が表示されているものであってもキャンペーンの対象外です。

●【追記あり】「おせち」はこれを買え【Amazonはポイント、楽天市場は値引きクーポン】
https://tawaradanshaku.blogspot.com/2023/09/blog-post_9.html


上記記事(楽天証券の口座保有者は「日経テレコン21」で無料で読めます)によれば、


1,2023年8月末時点の投信残高は、過去最高の190.1兆円である。

2,このうちETFの残高は72.8兆円、MRF(証券口座内の待機資金)は15.1兆円、ETF・MRFを除く国内公募投信の残高は102.0兆円である。



ヤマゲン先生は「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の純資産額は将来的に100兆円になる」と予言していますが、過去最高額を記録した投資信託の残高が102兆円であることを考えると、スリムオールカントリーにはとてつもない可能性があると考えていることになります。
【参考】
●スリムオールカントリーは100兆円ファンドになるだろう(山崎元)
https://tawaradanshaku.blogspot.com/2023/08/100.html


ヤマゲン予言によれば100兆円ファンドになるであろうスリムオールカントリーの現在の純資産額は1兆4385億円です。

eMAXIS Slimシリーズ全体の純資産額が幾らかが気になったので計算してみました。私の手計算によれば5兆4980億7800万円です。


インデックスファンドとアクティブファンドを含めた全投信の残高が102兆円ですから、スリムシリーズの5.5兆円は全投信の5.4%になります。

はじめてのNISAオールカントリーが不発に終わったことで、新NISAのスタートとともにスリムオールカントリーの一強時代が幕を開ける(上記シェア率も増え続ける)ことになると思われますが、それでも私はたわら先進国株をバイアンドホールドし続けます。


3 件のコメント:

  1. そう言えばヤマゲン先生ですが、「楽天証券ETFカンファレンス」に毎年登壇していたのですが、今年から外れてしまいました。
    退職したら、あっさり切られてしまいました。ここ数年、同じことしか語っていない感じもしましたが。
    https://www.rakuten-sec.co.jp/web/lp/etf2023/

    返信削除
  2. 全世界株は勝負あった感じですねえ
    残る主戦場はSP500と先進国株
    野村が嫌がらせで0.05でやってくれないかなあ

    返信削除
  3. コメントありがとうございます。

    >退職したら、あっさり切られてしまいました。

    退職したので、出たくないイベントには出なくてもよくなったのかもしれませんよね。

    >残る主戦場はSP500と先進国株

    はじめてのNISAシリーズが信託報酬を0.05775%で統一すればブランド価値が爆上がりしたことを思うと、残念でなりません。

    返信削除