注目の投稿

【先頭固定】誰でもできる超カンタン投資術(2024.1)

本稿は、当ブログ(「 たわら男爵のインデックスファンド投資術 」)及び旧ブログ(「 40代でアーリーリタイアしたおっさんがたわら先進国株でベンツを買うブログ 」)の集大成として、何らの知識がなくても実践できる資産形成の具体的なやり方をお伝えするものです(この記事の後で カテゴリ ...

2023年9月22日金曜日

eMAXIS Slim全米株式、バカみたいに売れている

eMAXIS Slim全米株式は、「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」ことを宣言したインデックスファンドシリーズであるeMAXIS Slimシリーズが4年ぶりに新規設定したファンドです。
【参考】
●「eMAXIS Slim全米株式」(現物株)、9月15日に新規設定
https://tawaradanshaku.blogspot.com/2023/08/emaxis-slim915.html
●eMAXIS Slim全米株式、20億円で新規設定
https://tawaradanshaku.blogspot.com/2023/09/emaxis-slim20.html


eMAXIS Slimシリーズには、全ての投資信託でナンバーワンの純資産額を誇る「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」が存在することから、米国株という同じ分野のスリム全米株が果たして売れるのかが心配されていましたが、バカ売れしています。








※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●たわら先進国株、年初来資金流入額でニッセイ・スリムを抜く
https://tawaradanshaku.blogspot.com/2023/09/blog-post_22.html

●ジュニアNISA、終了した後はどうなる?
https://tawaradanshaku.blogspot.com/2023/09/nisa.html


純資産額の推移は、次のとおり。

9/15 20億円(新規設定日)
9/19 20億円
9/20 27億8700万円
9/21 35億4000万円
9/22 36億3700万円


運用会社の三菱UFJ国際投信が20億円もの自社資金を投じた点も驚きでしたが、ものすごい勢いで純資産額を増やしている点にはもっと驚きました。

私は、はじめてのNISAオールカントリーがこのような感じで純資産額を増やしていくのではないかと期待していたのですが、まさかスリムが全米株ファンドを現物運用で出して、それがバカ売れするとは思ってもいませんでした。びっくりです。


6 件のコメント:

  1. 米国株派の中でも「QQQやVOOではなくVTI」(厳密に言えばVTIではないですが、カバー範囲の近似として)という人がこれだけ居るというのはちょっと意外でした。
    しかもSBI・V・全米株式が既にある状態からのこの結果は、「eMAXIS Slimのブランド力」か「VTI買うだけより現物運用」のどちらかが選定理由なのでしょうね。

    返信削除
  2. やっぱりスリムシリーズはブランド力があるのが最強たる所以ですね。これからどんな低コストファンドが出てこようとも、日本人はブランド名で買う人が殆ど(周りが買ってるから良いものだろう)なので、何しても無駄ですね。はじめてのNISAなんてもう誰も興味を持たなくなりました。

    返信削除
  3. 2024年から開始される新しいNISAでも、成長投資枠はもちろん、つみたて投資枠の対象になれば良いですね。
    (ベンチマークのMSCI USA インベスタブル・マーケット指数が、つみたて投資枠の指定指数に追加されて欲しいです)

    返信削除
  4. コメントありがとうございます。

    >SBI・V・全米株式が既にある状態からのこの結果は、「eMAXIS Slimのブランド力」か「VTI買うだけより現物運用」のどちらかが選定理由なのでしょうね。

    スリムが現物運用の全米株を出したという相乗効果なのだろうと思っています。

    指数が誰も知らないものですので、この点がネックになるのかなと思っていましたが、スリムのブランド力で押し切った感があります。

    >はじめてのNISAなんてもう誰も興味を持たなくなりました。

    悲しいですよね。
    私は、auPAYカードではじめてのNISAオールカントリーを買い続ける予定ですが、普通はスリムオールカントリーを選ぶと思びますよね。

    >2024年から開始される新しいNISAでも、成長投資枠はもちろん、つみたて投資枠の対象になれば良いですね。

    このファンドが爆発的に売れれば売れるほど、指数が追加される可能性が高くなると思っています。

    返信削除
  5. たわら男爵様

    「たわらノーロード 全世界株式」は資金の流入が増えており年内には純資産が100億円に達するのではないかと思います。100億円になっても1兆2兆のファンドと張り合うのは大変そうです。

    「はじめてのNISA・全世界株式インデックス」は、来年6月に総経費率がオルカンに比べて明らかに低ければ乗り換える人も出てくるのかもしれませんが、今の時点では純資産の伸びはかなりゆっくりですね。楽天証券が扱ってくれないのはつらそうです。

    ファンドの素性がよければ伸びるというわけではないようですから、たわらノーロードシリーズは、独自に地道に営業をしていくのでしょうね。

    投資信託の運用会社が、一強の状態は怖いのですがどうやらしばらくはeMAXIS Slim一強状態が続きそうですね。

    返信削除
  6. コメントありがとうございます。

    >「たわらノーロード 全世界株式」

    対抗値下げしないと勝負にならないと思います。

    >「はじめてのNISA・全世界株式インデックス」

    初動に失敗しましたね。残念です。

    >投資信託の運用会社が、一強の状態は怖いのですがどうやらしばらくはeMAXIS Slim一強状態が続きそうですね。

    同感です。

    返信削除